静岡市・矯正歯科 溝口歯科クリニック
医院案内院内写真医師紹介歯列矯正矯正治療の流れ治療方針



当院ではできるだけ「歯を削らない」「歯を抜かない」「神経を取らない」ということを意識して診察しております。検査結果をもとに最善の治療計画をご提案させていただき、患者様に治療法を選択していただいた上で治療を行います。

できるだけ削らずに治療を行うために、当院では、「う触検知液」を使用しています。歯に塗布することで、虫歯の部分だけが染まるため、削る必要のある部分が明確になり、不必要な部分を削らずに治療を行うことが可能です。

 

 

 


当院では麻酔ができるだけ痛くないように対策を講じています。

@ 表面麻酔
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させます。写真のジェルやスプレーを歯茎に塗って表面を麻痺させます。

A 極力細い針の使用
当院では現在最も細いといわれる33ゲージを使っています。

B コードレス電動注射器(オーラスター)
IC制御の電動麻酔器で一定の圧力・速度で麻酔を注入するので、痛みの少ない注射を可能にします。

C テクニック
痛くない麻酔には、医師のテクニックも重要です。麻酔の際に、針を動かさず歯茎を振動させて針を入れることにより、刺入の痛みを減らします。

*しかしながら、このような手段を講じても、麻酔が効きにくく痛みを感じることはゼロにはできません。
例えば、歯の神経の炎症がとても強いときや、歯茎の炎症が強く、腫れているときなどですが、このような場合でもなるべく痛みを軽減させる努力をいたします。

溝口歯科クリニック 矯正歯科・一般歯科・小児歯科
〒420-0812 静岡市葵区古庄2-15-24 Tel 054-208-6480
(C) 2004-2009 Mizoguchi Dental Clinic